スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Look Back!

100523_212753.jpg
とぼとぼ歩いております。Look back!

病気に関して、振り返って
まとめてみました。ご参考になれば、幸いです。

病名:自己免疫疾患(エリテマトーデス・膠原病)
   免疫異常による多発性関節炎
   血小板減少症

発症:1歳2ヶ月

経過:

元気がなく、いつもよりも熱があったため、
かかりつけの病院に行き、皮下点滴と抗生剤を投与。
血液検査をするも原因は不明。
その後も40℃前後の高熱が続き、1週間後には膿皮症の症状。
ステロイドと抗生剤処方されるも改善が見られず、ますます衰弱。
関節リウマチの検査結果では陽性の結果。

その後、食欲がなく、嘔吐を繰り返し、
病院に連れて行ったところ、以前は25万だった血小板の数値が
4万まで下がったため入院することに。

1週間ほど入院したものの、多臓器不全や、肺水腫、吐血と
状態が悪くなったため、東京大学の動物医療センターへ転院。
(目にチカラがなくて、正直、死ぬんじゃないかとも思いました)

1歳3ヶ月になる。

骨髄液の検査で、恐らくエリテマトーデスだろうという診断。
約1週間の入院で関節炎の炎症、血小板、貧血、血栓の数値が落ち着き退院。

耳の血管炎が酷い。

1週間後に通院し、経過が良好なため、ステロイドの量を1/4減らし(肝臓対策)、
しばらく月1回の通院で様子を見ることに。

その2週間後、関節痛を再発。
2週間前の血液検査で0.8%まで落ち着いた数値が12%に。
ステロイドの量を戻し、新たにアトピカを追加し、今後徐々にこちらの薬に切り替えていくことに。
(アトピカは、肝臓への負担が少ないが、高額なため最初から処方されない)

今も月1回は東大へ通院。現在に至る。


○投薬

プレドニン 10mg
ウルソ 50mg
ビクタスS 20mg
ファモチジン 5mg
ラリキシンドライシロップ
アトピカ 25mg



補足:かかりつけの病院(王禅寺ペットクリニック)でも
たぶんエリテマトーデスだろうと診断されていました。
転院等の素早い判断も感謝しております。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。