スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらい関節炎と過ごしたひと晩。

ここ数日は元気に過ごしていたクツミが昨晩、急に体調を崩しました。

声を掛けてもオスワリをして微動だにせず、うつろな目をして視点もハッキリしません。
食べることが何よりも大好きなクツミなので、
「おやつ食べる?」と聞くと、欲しい様子でワタシに付いてきましたが、
いざボーロをあげると、ワタシの手に顔を近づけるのが億劫なようで、
どうしたのかと見ていると、どうやら脚が痛い様子でした。

その後、またオスワリをして動かなくなってしまいました。
いつもはワタシの顔を見るクツミの目が空を見ています。

声を掛けながら身体をやさしく触ると、痛そうに「ヒャン」と声を上げます。

触った身体は熱っぽく、これは尋常ではないと思いました。
その後、少し身体を動かすたびに「ヒャンヒャン」を声を上げて痛がります。

とりあえず東大病院に電話をして、状況をお伝えして翌朝に診療していただくように予約を入れました。

その後もクツミの痛みはひどくなるばかり・・・。
オシッコがしたいと、頑張って「ヒャンヒャン」と声を上げながらトイレに行っても、
痛くてトイレシートに座り込んで動けなくなってしまいます。

クツミを楽な状態にさせてあげたいと思い、畳の部屋にお布団をひいたところ、
お布団の上に乗るのですが、痛くない身体の位置が見つかるまで声を上げます。
やっと痛くないカタチで落ち着いたと思っても、しばらくするとまた声を上げます。

ほんの少し動いただけで、また痛みが出るようです。

「助けて!」と言うように、声を上げながら、
ワタシに抱っこをせがみますが、痛みが心配で抱き上げることはできないので、
座ったままクツミを抱きしめて、身体をそっとさすってあげることしかできません。

脚の関節だけでなく、シッポの関節や脚の指の関節・・・
とにかく関節という関節が炎症を起こしています。
前脚の指先は、まるで猫の手のように腫れていました。

昨晩は夜中もクツミの痛みは続き、
声を上げながら、部屋を歩き回っては、ラグの上などに座り込み、
しばらくすると、ほんの少し動いてしまったことで、痛みが出て、歩き回って、座って・・・
の繰り返しでした。
痛い上に、眠れないという、クツミにとっては本当につらい一夜を過ごしました。


朝になり、ゴハンはお薬と一緒にいつものように食べてくれました。

今朝、9時に東大病院へ行きました。
検査を終えると、クツミが痛がる様子も見せずにトコトコと診察室から出てきました。

検査をしている間に、大分痛みが落ち着いてきたようです。

検査の結果は
炎症の数値(CRP)が、8.8(4.3)
白血球の数値が50,000(前回39,700)
と、ほんの6日前に比べてかなり上がっていました。


実は、昨晩クツミのヒドイ状況を見るに見かねた
主人のアイディアでステロイドを1/2錠を飲ませました。
一番多い時期は、朝晩各1錠を飲んでいたので、判断できたことです。

どうやら、そのおかげで検査中に痛みがひいてきたと、
先生もおっしゃっていました。

今まで朝1錠を飲んでいたステロイドは、
今日からまた夜に1/2錠増やすことになりました。

昨晩はほとんど眠れなかったクツミは
帰りの車の中でワタシの膝でぐっすり眠っていました。
家についてからも、痛みに目を覚ますこともなくよく寝ています。


発病してから1年半。
クツミはまだ2才10ヶ月です。
本来なら、まだまだ元気に飛び回る年頃です。
こんなに痛くて辛い思いをしても頑張っています。

昨晩は痛みに耐えているクツミを見て、涙が止まらなくなりました。
でも、ワタシが泣いて悲しんでいたら、クツミが心配します。
クツミのためにも、もっと強くならなければと感じて反省しました。

クツミが我が家に来て、
自分にこんなにも愛おしいと思う感情があるんだ、ということを発見しました。

これからも大切に育てて生きたいと思っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

パピーのころの写真です。
画像 259

画像 256

画像 236

kuthumi3-photo.jpg
スポンサーサイト

テーマ : イタリアングレイハウンド - ジャンル : ペット

コメント

クツミちゃんのパピーのお写真を見ながら
「だめだよ、こんな痛い思いさせちゃぁ」と涙が止まりません。
いろいろ思う事は沢山ある事と思います。
1日、1日を大切にただただクツミちゃんに痛い思いをさせない事優先に考えてあげたいですね。
クツミちゃん辛いけど頑張ろうね。
近かったら少しでもママの力になってあげたいです。

ママさん、パパさんもつらい夜でしたね。
クツミちゃんはもっとつらかったでしょうね。
少しでもお役にたてることがあれば。。。
いつでもご連絡くださいね。

パピーのクツミちゃんのかわいいこと。
ママさんやパパさんの愛情は、しっかり通じてると思います。
泣いたり笑ったり、一緒に頑張ってくださいね。
(私もルナの調子がひどかった頃は泣いたりしましたもん)

クツミちゃんの様子、私なりに気になっています。
遠いところのワンコちゃんだけど
ブログを通してその成長を見てきた・・・そんな気がして。
そんな私でも胸がつまる思いがするのに
ご家族の気持ちははかりしれません。

クツミちゃんが一番頑張ってるんですよね。
毎日気分よく過ごせて、美味しいものが食べられて
お外の空気が吸えて・・・
そんな当たり前のことが、当たり前に過ごせる日が来ますように。
応援しています。

こんばんわ

初めましてです。
記事を読んで切なくなりました。
ウチのこは治らない病気だけど、痛みがこんなにあるクツミちゃんはもっともっと頑張ってる、薬で何とかなるなら和らげてほしい。
パパさんママさんも心がきっと痛いでしょう。
言葉がみつからないけれど、応援してます。

エリー さん

いまは、クツミが痛い思いをしないように、
それを最優先で治療していきたいと思っています。
エリーさんには、こうしてコメントで温かい言葉をかけていただいて、
本当に心強いです。いつもありがとうございます!

パピーのときの写真は、エリーさんのリクエストにお応えしてみました。
かわいいですよね♪

ルナ・リケ さん

ご心配いただいてありがとうございます。
先日の痛みがウソのように、今は落ち着いています。
一番苦しいのはクツミで、クヨクヨしていられないんですよね!
大切に育てていきたいと思います。
クツミの体調が安定したら、ぜひ、ルナちゃんとリケ君に会いたいです♪

ゆっきぃ さん

ご心配いただいてありがとうございます。
クツミを気にかけていただいていること、とてもうれしいです。
ゆっきぃさんは、クツミブログをはじめた頃から、
見てくださっているんですもんね。

クツミはがんばっています。
私たちもしっかり育てていきたいと思っています。
コメント、ありがとうございます!

miho さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
mihoさんのブログも拝見しました。
アルブレヒト君の治療も大変だと思います。
皮膚の炎症は、とてもストレスですよね・・・
病気との闘いは、たくさんのつらいことがありますが、
お互いに頑張りましょう!
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。